発泡スチロール協会について

協会のあゆみ

前進の活動

1971
●発泡スチロール廃棄物回収を開始 日本FS工業組合と発泡スチロールビーズメーカーとで発泡スチロール廃棄物対策協議会を設け、東西両地区(東京、大阪)における家電部門からの発泡スチロール廃棄物回収を開始。
1976
●卸売市場へ助成を開始 卸売市場での発泡スチロール廃棄物処理装置の設置に対し、設備設置の一部助成を開始。

発泡スチロール再資源化協会(JEPSRA)

1991
●「発泡スチロール再資源化協会」JEPSRA発足5月20日 日本FS工業組合(173社)と発泡スチロールビーズ原料製造・販売会社8社が資金を出し、発泡スチロール再資源化協会(JEPSRA)発足。
●第一次リサイクル目標マテリアルリサイクル率25%の設定
●「JEPSRA NEWS」創刊
1992
●国際リサイクル協定締結 日本、アメリカ、ドイツ、オーストリアの4ヵ国にて「国際リサイクル協定」を締結。
1993
●「エプシー・プラザ200計画」 協会会員の全員がリサイクルに取り組む「エプシー・プラザ200計画」を発表。
1994
●家電メーカーとリサイクル協力体制構築の覚書を締結 松下電器産業、三菱重工、三洋電機、ソニーの4社と覚書を締結する。 ●「JEPSRA INFORMATION」創刊
1995
●第二次リサイクル目標マテリアルリサイクル率35%の設定
●「AMEPS」(アジアEPS生産者機構)設立
アジア地区のリサイクル推進のため、「AMEPS」(アジアEPS生産者機構)を設立。
1996
●エプシー・プラザ100ヵ所突破
●リサイクル協力家電メーカー拡大
日立製作所、東芝、三菱電機の3社と覚書を交わし、リサイクル協力家電メーカーが合計7社となる。
1998
●「INEPSA」(世界EPS同盟)結成 米国(AFPR)、欧州(EUMEPS)及びアジア(AMEPS)は、EPSに関する情報提供活動を世界規模で 展開するために「INEPSA」(世界EPS同盟)を結成。 ●リサイクル率にサーマルリサイクルをカウント開始
2000
●容器包装リサイクル法完全施行
2001
●「海の日」を「発泡スチロールの日」と制定,イベントを開催
●10周年記念イベントを開催
●第三次リサイクル目標トータルリサイクル率70%を設定
2002
●「第一回技術発表会」開催
2004
●「AMEPS」10周年札幌記念大会を開催
2005
●日本記念日協会から「発泡スチロールの日」認定を受ける。
●第四次リサイクル目標トータルリサイクル率75%を設定
2006
●JEPSRA創立15周年
●海辺のクリーンアップ活動の支援を開始
●JEPSRAオリジナル回収袋を製作
2008
●「発泡スチロールの日」に「シロクマキャンペーン」を実施
●全国15ヵ所の動物園・水族館で飼育のシロクマに「新鮮なお魚」をプレゼント。
2009
●「第八回技術発表会」継続開催

発泡スチロール協会(JEPSA)

2010
●発泡スチロール協会発足 「発泡スチロール再資源化協会」は新たに「EPS建材推進協議会」と「発泡スチレン工業会」の事業活動を取り込み、発展的解消をとげ、「発泡スチロール協会(JEPSA)」に改組・改称しスタートしました。
2011
●東日本大震災の支援物資としてEPSボードを提供
●東日本新幹線LED文字広告を実施
●「省エネアイデア大賞」を実施
●「EPS断熱建材ガイドブック」を作成2011年
2012
●「発泡スチロール アイデア大賞」を実施
●「シロクマキャンペーン」の5周年を記念して、TVアニメ「しろくまカフェ」とタイアップ
●「エコプダクツ2012」に出展
2013
●「ENEX2013」に出展(8年連続)
●第2回「JEPSAフォーラム」開催
●発泡スチロール芸人の「ハッポゥくん」を発泡スチロール大使に任命
●第6回「シロクマキャンペーン」開催
●第3回「発泡スチロールアイデア大賞」を実施
●「エコプロダクツ2013」に出展(9年連続)
2014
●「ENEX2014」に出展(9年連続)
●第3回「JEPSAフォーラム」開催
●JEPSAホームページをリニューアル
●第7回「シロクマキャンペーン」開催
●「AMEPS20周年記念大会」開催
●「エコプロダクツ2014」に出展(10年連続)
2015
●川崎フロンターレのエコ暮らしこフェアーに出展
●JEPSA NEWS WEB版の創刊 ・第4回JEPSAフォーラム開催
●「発泡スチロールアイデア大賞」を実施
●再資源化設備貸与制度から助成制度へ移行
●「エコプロダクツ2015」に出展(11年連続)
●第8回「シロクマキャンペーン」開催
●「ENEX2015」に出展(10年連続)

発泡スチレン工業会の歩み

1973
●「発泡スチレン工業会」発足
1977
●省エネルギー対策委員会を設置
1978
●発泡プラスチック断熱材の技術資料を作成
1982
●防災対策委員会を設置
1983
●「発泡性ポリスチレンビーズ等の取扱い事業所(貯蔵・輸送・加工)の防災指針」(初版)を作成・配布
1984
●ポリスチレンフォーム保温材JIS A 9511改正交付(A類-ビーズ法)
1985
●安全対策委員会を設置(防災対策委員会の改称)
1986
●第11回極東プラスチック業界懇談会に参加
1989
●日本フォームスチレン工業会と共に廃棄物対策に関し「EPS合同委員会」を設置
1990
●「防災指針」改訂版を作成・配布
●プラ工連加工懇に入会
1992
●発泡スチレン工業会20周年
1995
●「防災指針」改訂版)を作成・配布
1997
●断熱材カタログを発行
1998
●「環境ホルモンに関する見解書」を作成
1999
●発泡スチロール成形品のLCIデータの取集完了
2000
●「防災指針」改訂版)を作成・配布
2007
●「防災指針」改訂版)を作成・配布
2008
●HBCD代替品への切り替え目標設定(100%2012年末)
2010
●「発泡スチレン工業会」解散

EPS建材推進協議会

1997
●「EPS建材推進協議会」発足
1998
●カタログ「EPS断熱建材の特長と用途例」の作成・配布(1998.12)
●自主管理基準「用途工法別品質基準、成形工場におけるQC」の検討(通年、報告会で説明)
1999
●EPS建材ビデオ制作(2000.3)
2000
●EPS建材ガイドブック」発行(5,000部印刷)(2000.4)
2001
●品質管理ガイドライン、物性項目別品質管理指針、QC工程表の発行(2001.4)
●熱伝導率の経時変化のデータの収集(2001.9)
2002
●EPS断熱材と型枠兼用EPS断熱材がグリーン購入法H14年度調達品目となる(国土交通省)
2003
●経済産業省にホルムアルデヒドに関する☆4つ表示許可を確認
●防耐火大臣認定取得
●会員43社に防耐火大臣認定使用許諾書交付、同時にEPSマーク使用を許可
2004
●VOC放散量測定方法標準化試験(保温保冷協会)参加
2005
●発泡プラスチック外張断熱協会(COA)発足
2007
●日本環境協会のエコマーク認証基準が決定される
2008
●EPS建材推進部設立10周年記念行事実施
2010
●「EPS建材推進協議会」解散

JEPSA 発泡スチロール協会