キャンペーン

シロクマキャンペーン2014〜実施レポート

2014年
全国のシロクマ(ホッキョクグマ)に新鮮なお魚をプレゼント
「海の日」は「発泡スチロールの日」

発泡スチロール協会は、地球温暖化の影響により絶滅が危惧されている「シロクマの保護」と「ストップ!地球温暖化!」のメッセージを込めて、「発泡スチロールの日」に、発泡スチロールの箱に入れた新鮮なお魚を、全国のシロクマへプレゼントしました。

海の日は発泡スチロールの日

発泡スチロール協会では「海の日」を「発泡スチロールの日」と定め、シロクマを応援するイベントを行っています。このイベントでは、発泡スチロール協会オリジナルのうちわを配布したり発泡スチロールを楽しく学べる実験やクイズを行い、多くの方へ発泡スチロールの優れた特性を発信しています。

イベントの様子

シロクマへ新鮮なお魚をプレゼント

7回目となる本年は、北海道から熊本まで全国17か所の動物園・水族館で飼育されているシロクマへお魚をプレゼントいたしました。プレゼントされたお魚をプールへダイブして咥える姿は圧巻です。シロクマといっても大好きなお魚は各所それぞれ。大好きなお魚をプレゼントされたシロクマ達の様子をご覧ください。

シロクマの様子 プレゼントの様子

「シロクマキャンペーン」へ参加いただいた全国17か所の動物園・水族館の内、9ヶ所では発泡スチロール協会地区委員より発泡スチロール容器に入った新鮮なお魚を各施設へ贈呈する式典を行いました。式典では、園長や飼育員のお話しも聞けることもあり、多くの子供や家族連れの方々にお集まりいただきました。

お魚をプレゼントした全国のシロクマの様子

発泡スチロール大使ステージイベント

発泡スチロール大使の「ハッポゥくん」が発泡スチロールを使って何でも作ってしまうパフォーマンスを披露しました。子供から大人までたくさんの観客で賑わいました。

発泡スチロール大使「ハッポゥくん」 ステージの様子

JEPSA 発泡スチロール協会