キャンペーン

シロクマキャンペーン2015〜実施レポート

2015年
全国のシロクマ(ホッキョクグマ)に新鮮なお魚をプレゼント
「海の日」は「発泡スチロールの日」

地球温暖化の影響により絶滅が危惧されている「シロクマの保護」と「ストップ!地球温暖化!」のメッセージを込め、北海道から熊本まで全国18カ所の動物園・水族館で飼育されているシロクマへ発泡スチロール容器に入れた新鮮なお魚をプレゼントいたしました。

海の日は発泡スチロールの日

「海の日」でもある「発泡スチロールの日」を中心に行われるシロクマキャンペーンでは、地区の協会員が動物園や水族館へ集まり、お魚のプレゼントやうちわの配布、発泡スチロールを楽しく学べる実験やクイズを行い、地球温暖化防止に貢献する発泡スチロールの優れた特性をアピールいたしました。

イベントの様子

シロクマへ新鮮なお魚をプレゼント

お魚をプレゼントする時間になるとシロクマの食事風景を一目見ようと多くの観客が集まり、大きなサケを頬張る姿や、プールに放たれた活魚を追いかける姿、親子でお魚を分け合う姿など今年も元気なシロクマ達に声援を送っていました。

シロクマの様子 プレゼントの様子

発泡スチロール容器に入った新鮮なお魚を各施設の園長や飼育員さんへ発泡スチロール協会の地区委員より贈呈する式典が行われ、夏休み中の子供達や家族連れで賑わいました。

お魚をプレゼントした全国のシロクマの様子

発泡スチロール大使ステージイベント

豊橋総合動植物公園と天王寺動物園では、発泡スチロール大使の「ハッポゥくん」が集まった観客の前で発泡スチロールパフォーマンスを披露。どんなリクエストにも完成度の高い作品で答えてしまうパフォーマンスに歓声が上がりました。

発泡スチロール大使「ハッポゥくん」 ステージの様子

JEPSA 発泡スチロール協会