リサイクル

世界でリサイクル

発泡スチロールは輸出入される商品とともに世界中を流通し、消費国で包装材としての使命を終わります。使用済みとなった発泡スチロールを、自国の生産品ではないからといって放置しては環境問題が解決しません。そこで、1992年に日本、アメリカ、ドイツ、オーストリアの4ヵ国で「加盟国は輸入された発泡スチロール包装材を国産品と同様にリサイクルする」ことを趣旨とする「国際リサイクル協定」を締結。「REGARDLESS OF COUNTRY OF ORIGIN(生産国にかかわらず!)」が合言葉です。

国際リサイクル協定締結国

日本、アメリカ、ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア、スウェーデン、ベルギー、オランダ、デンマーク、スペイン、ポルトガル、イギリス、アイルランド、フィンランド、カナダ、ブラジル、ウルグアイ、チャイニーズ ホンコン、中国、韓国、チャイニーズ タイペイ、フィリピン、マレーシア、インドネシア、タイ、インド、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ

発泡スチロールの仕様を禁止している国はありません

世界で統一した情報を共有する世界EPS同盟「INEPSA(イネプサ)」

米国、欧州、およびアジアの発泡スチロールのリサイクル団体は1998年11月、EPSに関する統一した情報提供活動を世界規模で展開するために「INEPSA」を結成しました。

INEPSA 世界EPS同盟 International EPS Alliance
EPS-IA USA 米国 Expanded Polystyrene Industry Alliance
EUMEPS EUROPE ヨーロッパ European Manufacturers of Expanded Polystyrene
AMEPS AISIA アジア Aian Manufacturers of Expanded Polystyrene
ASAPEX South America 南米 Asociacion sudamericana de Poliestireno Expandido

アジアでは地域組織「AMEPS(エイメップス)」を設立

AMEPS

アジアでは、1995年に「AMEPS」(アジアEPS生産者機構)が設立され、定期的に総会を開いて情報交換などを行っています。

AMEPS加盟組織

  組織名 国名
1 EPSRAI India インド
2 CHKEPSA Chinese Hong Kong チャイニーズ ホンコン
3 JEPSA Japan 日本
4 KPRC Korea 韓国
5 EPSA Australia オーストラリア
6 PPCP Philippines フィリピン
7 CTEPSRA Chinese Taipei チャイニーズ タイペイ
8 TPFRIA Thailand タイ
9 CPPIAEPS China 中国
10 PNZI New Zealand ニュージーランド
11 INAEPSA Indonesia インドネシア
※オブザーバー:マレーシア、シンガポール
AMEPS加盟組織

JEPSA 発泡スチロール協会