発泡スチロールとは

発泡スチロールの種類

一般的に発泡スチロールと呼ばれているものには、製法や用途の違いにより3種類があります。
中でも皆さんの生活の中でなじみの深い発泡スチロールはEPSとPSPとがあり、発泡スチロール協会はEPSを取り扱う団体です。

EPS(Expanded Polystyrene)
PSP(Polystyrene Paper)
XPS(Extruded Polystyrene)

EPS Expanded Polystyrene (ビーズ法発泡スチロール)

一般に発泡スチロールまたはビーズ法発泡スチロールと呼ばれています。
原料であるビーズを発泡させ、さまざまな形に成型し、幅広い分野で使われています。
表面に発泡ビーズの模様があるのが特徴です。

表面写真
農水産物容器
家電・OA機器の緩衝材
EPS建材(外壁断熱)
EPS土木工法(道路の下地)

PSP Polystyrene paper (発泡スチレンシート)

PSP Polystyrene paper (発泡スチレンシート)

発泡スチロールトレーと呼ばれ、シート状にした発泡スチロールを型で抜き、主に食 品容器として使われています。

PSPについてのお問い合せは

発泡スチレンシート工業会
http://www.jasfa.jp/外部サイト
TEL 03-3257-3334/FAX 03-3257-3339
〒101-0034 東京都千代田区神田東紺屋町26 東紺ビル3F

XPS Extruded Polystyrene (押出法発泡ポリスチレン)

XPS Extruded Polystyrene (押出法発泡ポリスチレン)

押出機から押し出成形した板状発泡体で、住宅、マンションなどの断熱材や畳の芯材として使われています。製品は青や緑、オレンジ色に着色されています。

JEPSA 発泡スチロール協会